なんとなくの日常でも楽しく生きれりゃいいじゃん!!


by mash_55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2005年 11月 08日 ( 1 )

always~三丁目の夕日~

見てきました。

そして、泣いてきました。


でも、あとで後輩に感想を聞いたら、どうも泣くポイントがずれているみたいで・・・。


いろいろ、子どものときのことを思い出して、親のありがたみを知って、それで泣く。
見たいなパターンが多くて多くて。。。

普通の人が泣かない場所で、一人、泣いていました。

そして、みんなが楽しそう!!なんか、不自由なのにそんな楽しそうな人々がうらやましくて、うらやましくて。

生きてるだけで、楽しいって思えるなんて最高ですよね。おいらたちは何をわがまましてるんだろうと思ってしまう。



おいらはあの時代をまったく知らない人間ですが、なぜか懐かしい。


おいらたちが子どものころには、物持ちのよい家ではかろうじて見ることができる時代だったんですね。微妙にこれ見たことあるな、ってもんがありました。


劇中ではちんちん電車が東京の中を走っているんですが、おいらが子どものころには市電には、まだ板張りのあんな感じの電車は走っていました。

その電車に乗って、ばあちゃんにドラえもんの映画に連れて行ってもらってました。



懐かしく感じたり、逆に映画の中に似たものが出てきたりするとうれしかったり。



人によってさまざまな感じ方をする、非常にフレキシブルな映画だなと感じました。



とりあえず、今泣きたい人、あれは必見です!!



そして、今自分を見失っている人も、お勧めです。おいらたちの父ちゃんや母ちゃんが子どものころの時代を見てみましょう!!
[PR]
by mash_55 | 2005-11-08 13:43